ナナシス(Tokyo 7th シスターズ)の曲の歌詞がとても魅力的・・・、目指したい曲の方向性

暫く前から、「自分の好きな曲」って何だろう、と考える日々が続いていました。 

「好きな曲」、沢山あるにはあるんです。

でもそれが何か分からなかった・・・。

でも、最近ようやく答えが幾つか出ました。

1つは『後押ししてくれる曲』、もう一つは『合唱曲』です。

f:id:pgkuroneru:20211220233217p:plain
© 2014 DONUTS Co. Ltd. All Rights Reserved.

「合唱曲」が好きだった

小中学校等で、合唱曲を歌う事ってあるじゃ無いですか。(コロナ禍なので分からないですが、直近数年も・・・ありましたよね・・・?)

私、「合唱曲」が好きなんです。

www.joysound.com

自身は、そんなに歌うのが得意なわけではないのですが、複数の声が重なったときのあの声の響きがとても良いんですよね・・・。

「合唱曲」と「アイドル」

唐突なんですが、そう考えると、「合唱曲」と「アイドル」って結構 近い分野では無いでしょうか。

最近ようやく気が付いてきたのですが、自分、「アイドル」(とはいえ、基本2次元~2.5次元)が好きなようでして、その理由の1つが、声が重なったときの響きの良さです。

Departures -あしたの歌- - song by 777☆SISTERS | Spotify

勿論、ソロを全く聴かない、というわけでは無いのですが、結構 大人数で歌う曲の方が好きな確率が高いようです。

数年ぶりに出会った「ナナシス(Tokyo 7th シスターズ)」の世界

メインのTwitterの方では呟いたのですが、私自身、「ナナシス(Tokyo 7th シスターズ)」自体は、リリース当初から知っている作品で、約7年前のことになります。

当時と言えば、「アイドルマスター」「ラブライブ!」「アイカツ!」等のアイドル戦国時代・・・。

一度は音ゲーの部分のプレイが中々上手いこと行かず辞めてしまったのですが、最近になって「曲」単体で再び出会いました。

『ねぇ、キミはなにがしたい?』歌詞から感じる、メッセージ性の強さ

先ずは、是非1曲聴いてみて下さい、

777☆SISTERS 15th single 「Departures -あしたの歌-」

この曲は、映画の主題歌となるのですが、これ・・・私がとても好きなストーリー?の歌詞です。

どこか・・・前向きな気持ちにさせてくれる雰囲気を感じ取れますでしょうか。

数年経って気が付いたのですが、777☆SISTERSの曲って、こういう前向きな曲が比較的多いんです。

本編はまだ絶賛プレイ中なので、あまりはっきりとしたことは言えないのですが、ナナシスの曲のテーマは、『自分らしさ、なりたい自分はどういうイメージなのか?』という、ある意味で自己啓発・・・自己分析的なことを問うような歌詞になっているような気がします。

実際に幾つかのレビュー記事を見ると、監督さんもそういったメッセージ性を込めていらっしゃるようですね。

ストーリーがあってこその音楽、だとは思うのですが、曲だけでも十分そのメッセージ性が私にはひしひしと伝わってきました。

画面の向こう側へ、思いを届ける

今は画面に向かって曲を作っていますが、媒体を通じて、誰かに歌を届けることが出来るのが今のインターネット社会の時代・・・。

どんな方が聴いているのか、私には想像も付かないのですが、そんな画面の向こう側へ、自分の伝えたいメッセージ性を込めて、曲を作るというのは中々並大抵のことでは無いですよね・・・。

これは皆さんも同じかと思いますが、やはりコメントを頂いたり、反応を頂けたりというのはとても励みになるモノですね。

今はまだ曲を作る、ということ自体で手一杯なので、何かメッセージ性を込めたりというのが中々難しいのですが、将来的には、「ODDS&ENDS」やナナシスの曲のように、誰かを前向きに、後押し出来るような曲を作ることを目指しています。

自己啓発というか、自分探しというか・・・、そういう本や記事を幾つか読んできていて、ある程度その答えがようやく少し出てき始めました。

『自分は自分らしく、自信を持って前に進めば良い。』

画面の向こう側の方へ、そんなメッセージ(ストーリー)を込めた曲を作りたい・・・。

「VOCALOID(ボーカロイド)」および「ボカロ」はヤマハ株式会社の登録商標です。

「初音ミク」「鏡音リン」「鏡音レン」「巡音ルカ」「ピアプロ」はクリプトン・フューチャー・メディア株式会社の登録商標です。